HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2011年12月アーカイブ

院長ブログ 2011年12月アーカイブ

お気に入り

見てくださいハート達(複数ハート)これ、なぁ~んだexclamation & question

 

002.jpgキノコの置物みたいですよね~ハート達(複数ハート)なんともいえず、かわいい。

実は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カップです!   今朝はコーヒーを入れてみました。



007 (3).jpg

お友達の作品です。

工房を持っていて、ご主人は木を使って渋い漆塗り等やる方です。
ご夫婦で芸術家です。

子どもが3人いらして、そのうち真ん中の子がうちと同級生です。

作者は静かで穏やかで控えめで、いつも後ろの方でニコニコ微笑んでいる...そんなお母さんです。

このコップでゆうべは緑茶をいただきました。

なんだかすごくいいのです。ハート達(複数ハート)

丸みを帯びているところが・・・両手の平に包まれて、ちょうどいいのです。

ほっこりゆったりころんとしていてコップから両手があたたまってものすごい幸せが広がります。

実はこれはビール用サイズで作ったらしく
北海道まで展示に出掛けて入選した作品だそうです。

でも私はいつもお茶関係をたっぷり飲むのが好きなので
この大きさがちょうどいいです。

コーヒーカップ用にはこんなのもあり、実は割れてしまったので
また同じ物を買い足しました。

008 (3).jpg 

フォト<写真008>

毎日使うものだから、なんだかそのたびに幸せ気分になるのって、とってもいいですよね~ぴかぴか(新しい)

年末で忙しかったけれど、久しぶりに会いたいという友達に誘われてギャラリーに出掛けてみて良かったです。

欲しいと思っていたカップもちょうどあったし。

新しくほっこりキノコカップにも出逢えたし。

忙しい中にもほっとするひとときがあると、また顔晴れます!手(グー)


今日こそ!風呂掃除!窓ふき!そしてできたら年賀状まで!(笑)


スチームクリーナー大活躍

ジャパネットたかたの年末感謝セール4000円引きで、買っちゃいました~衝撃

ドイツ製ケルヒャー、スチームクリーナーをexclamation

現在の家に引っ越してきてからというもの、想像してたのは・・・



お掃除、たいへんたらーっ(汗)



そう!だからこんまり流お片づけにも必然的にはまり、極力余計なモノを減らして、スッキリ暮らしたい!思い。

こんまり流お片づけ祭りも
衣類⇒本類⇒書類・・・まできたので、次の小物類はあまりにいろいろあるので
とりあえず「お掃除」をやってみた~!




この家は実は・・・・


床が多すぎる。たらーっ(汗)


「床の間」があるのに、もと、生け花の先生のうちなのに、畳の部屋は一つもない!(フローリングに替えてしまっている)


それで廊下もあるし・・・掃除機かけてもなんだか手ごたえがいまいちで
すぐに「モップ」を購入しました。

まずは100円ショップのモップから始め、これでも十分であったが
次に少しふつうの値段のモップも買って大活躍。



だけど「スチームクリーナー」で換気扇やお風呂掃除や窓ふきも出来るし
もちろん、この家でほぼ全体を占める「床の汚れ掃除」ができるのなら
オンボロ掃除機買い替えようかと思っていたけど
それなら「スチームクリーナー」の方がいい、と思いました。




テレビショッピングは困ります。

アメリカ人のを見ていたら、単純な私は電話をして注文してしまいました。衝撃

アメリカ製のスチームクリーナーです。
年末掃除の主婦向けに、がんがんテレビ宣伝します。

「わぁ~お!ハート達(複数ハート)すばらしいわ~!ジャック~!ハート達(複数ハート)」などとおおげさに言われると
テレビ見てる私もつい「ほんとだわ、ジャック~・・・」などと思って注文しなければ人生惜しい気がしてしまうほど洗脳されます。(苦笑)


夫に即怒られ、1時間後にキャンセルの電話をしました。がまん顔結構高額だったし。




でも夫は「スチームクリーナー」を買うことには賛成だったみたいで
普段から夫は「ジャパネットたかた」はすごい!となぜかファンなので
ラジオで宣伝してる時、うちに電話をかけてきて「ジャパネットでやってるぞ!ハート達(複数ハート)」とわざわざ職場から自宅に電話して教えてくれました。

夫はアメリカ製に比べたら、ドイツ製なら日本同様「ものづくりの国・職人技ありの国」として評価しているのです。

しかも高額でなく、しかも感謝セール割引で、しかも年末掃除に間に合う。
(これこそ買わせる洗脳ですがあせあせ

ネットで評判を調べ、決断しました。

すぐ届きました。


それで昨日早速使ってみました~!


床掃除と換気扇掃除とレンジ回り、シンク桶等やってみた!


いい感じ~~~ぴかぴか(新しい)


私のやる気に火をつける・・・それだけでも十分じゃないでしょうか。うれしい顔

ところがこの収納の姿はどうよ?と笑っちゃいました。

ネット評判でも、ここだけは・・・という人が多かったのですが
「コードが日本式レールのように内蔵できない。収納に場所をとる。」というものです。

写真だとわかりにくいのですが
ふつうだと本体を立て置き出来ると思うのですが
横置きのまま、煙突みたいに備品を次々立てていくのです。これには笑いました。

日本人だったら、ぜったいこんなしまい方を考えつきませんよね。
もっとコンパクトになるように考えるけど・・・と。わーい(嬉しい顔)

009 (3).jpgズドーーーン!これでもせいいっぱいコンパクトになってるつもりのケルヒャーくん。
しかもなぜか写真撮影したら、まわりがスチームで曇ってる感じ?(笑)


このあと窓ふきや風呂掃除、がんばるぞーーーー!


こんまり流お片づけ ~ その後 ~

本を手に取ってから、なかなか始められなかった「こんまり流お片づけ」(なぜならかなりの気合いが要りそうだったから。)とうとう始めたときはブログに書きました。

著者のこんまりさん、こと、近藤麻理恵さん曰く
「片づけには順番がある」と言います。

「ときめくモノだけを残す」
「そのほかのモノは感謝をこめて、今までありがとうと言って抱きしめてあげて手放す。その方が、ほんとうにモノを大切にすることになる」

それで、なぜ順番かというと、その「ときめき」感度を磨くため。

たとえば、始めから「思い出品」から片づけようとすると、とても片づかない。
 
050.jpg順番の一番目は「衣類」。

これはできたので、今度は仕事着の衣類に手をかけた。
早朝から始めると、とくに効率が良い、と本に書いてあったので
朝日を浴びながら始めて・・・。

 
始める前に、拍手打ったり、深呼吸したりするのも「ときめき」感度をアップさせるらしい。
それは、この片づけ祭りを始めると、ほんとにそういうことが感覚として、わかるようになってきます。

一か所に集め・・・
 
051.jpgそこに集めた「モノたち」が呼吸してるように感じるのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
なかなか捨てられなかったモノにお礼を言って分別し(ちょっと少ないが、私にとってはこれでもかなりの勇気で分別できた。
新品のTシャツもある。全然ときめかないので何年も袋に入ったままなのだ。
やっと手放せる決断ができた!

053.jpg

 

 

 

 

 

 

 

こんまり流たたみかたで納めた。
ちょっと溢れている分は、まだ捨てられるものかもしれないのだが。 

 そして「衣類」の次・・・
2番目は「本類」!
実は本は引っ越しする時に大分処分できた(だがまだダンボールに入って部屋の片隅を陣取っているが、欲しい人にあげるか、ブックオフに持って行こうと思っている)

本類を一か所に集め・・・

056.jpg

058.jpgときめかない本や雑誌にお礼を言って、分別する。

058.jpg 057.jpg 059.jpg引っ越しの時に出来たと思っていたが、今もう一度見るとまだ出てくる。
良い傾向です。
ときめく本、読みたい本が浮き上がってくる感じ。
だけど、まだまだ手放せそうな気もしました。

「本類」の次の順番3番目は「書類」!!!
これが私にはいちばん強敵でしたげっそり

なにが私の周りでいちばん片づかないか・・・って、「書類」!

こんまりさん曰く「書類は全捨て」だそうですげっそり

「書類」を一か所に集めて・・・
063.jpgこれはもうすごかったたらーっ(汗)

封筒などにまとめてしまっているものはいちばんNGらしい。
私の場合、そんなのだらけです。
すべて、ひとつひとつ1枚1枚手にとって、捨てるかときめくか、手で触って感じるらしい。
(これは衣類も本類もすべて同じ。棚に置いたまま、というのではリバウンドしてしまうらしい。)

この「書類」は私の難関でした。
でもすごくがんばった。

070.jpg

これが捨てる方。(やっぱり少ない。全捨て出来ない)

 

 

 

 

 

これが残す方。ときめいている・・・かどうか、一応、ときめいている、と思っている書類たち。
左の二箱は、すぐにでも処分仕分けしなければならない書類たち。

074.jpg

 

 

 

 

 

 

 

「すぐに処理」以外の「しばらくとっておく書類」は一か所の定位置(すべてパソコンラック)に場所を決めて集結させました。

山のようにとってあったレシートはすべて処分しました。

納品書や期限切れの保証書も必要ないから全処分。

昔の通帳も「要りません!」とこんまりさんが断言していたので、処分。

ものすごく気持ちがスッキリしました。

今日は「すぐに処理」の書類から、かなりの量の、未処理書類を手掛けました。

生協の退会届やら、保険料の申請やら、なにかのアンケートの提出やら、やらなきゃいけなくてのばしのばしにしていたことを次々処理でき、ポストに出し、ついでに返却すべき図書館の本も返却しました。

これは「書類」の片づけができたことで、達成できたこと。

ものすごい達成感と、気分の良さが残ります。

そして引っ越してきてから、衣類を2か所に場所を分けて収納していたのだが
こんまりさん曰く「モノ別、それは分散しないで一か所に置くこと」というのがあります。

それに「吊るす」収納は極力避けた方が収納場所はダントツに広がるらしい。

この家に越してきてからは納戸とクローゼットが充実していて
私はすべての衣類をほとんど「吊るす」ことにしていた。
洗濯したらたたまなくてよい、次々ひっかけてゆくだけ、としていた。
そして、「ハンガー」が足りない・・・買い足そうかな~なんて思っていたところなのです。
そうしなくて、ほんとうに良かった!

こんまりさんの本を読んで改めました。
衣類の収納場所を一か所にし(これはやっぱりとても大切なポイント)
納戸に固定されていた棚さえも分解して、この家に越してきてから入る場所がなく捨てなくてはならないかなーがく~(落胆した顔)と迷っていたタンスを入れこんだ。
固定されていた納戸の棚は、台所に移動して、散らかりがちなモノや生協から届いた野菜の一時置き場になった。

納戸での衣類は、俄然収納力が増えてぴかぴか(新しい)使い勝手がすごく良くなった。

086.jpg

 

 

 

 

 

 

 

たたんで収納する楽しさがあり、引き出しがスカスカに空いちゃった!

089.jpg

 

 

 

 

 

 

 

しかも季節品は引き出しの奥に入れる、という方式で
どこか別の場所に夏の服をダンボール等に入れているわけではない。
(こんまりさん曰くダンボールはNG。モノをしまいこんで使わなくなるという)

こんまりさんハート達(複数ハート)すごい!

私・・・超がんばってる!ぴかぴか(新しい)
なぜだかものすごい達成感と充実感と幸せ感いっぱい です!

 

 



 

 

 

 

 

 

 


ミタさん、ミタ?

<家政婦のミタ>笑顔の最終話40.0%で11年ぶり大台 今世紀連ドラ1位の高視聴率
 
そうなんですか~。
昨晩初めて見ました。最終回だけ(~_~;)
娘がミタものだから。
 
終わったところで娘に「テレビ消すよ~」と声をかけると
はっ(*_*)と寝ぼけて
娘「ミタさんは???終わったの???」
 
私「へ?寝てたの?・・・どこから寝ちゃったの?
ミタさんが笑ったシーン見た?」
 
娘、ぼーーっと首をよこに振る。
 
・・・あちゃ~・・・
 
毎朝娘は部活で早いものだから(朝4時半起き)
話題のドラマ見ようと意気込んだものの
寝ちゃったのね。(~_~;)
 
私など、最終回しか見てないのに
なぜかそのシーンで号泣してたというのに・・・。
 
最近近くの公園では「ミタさんごっこ」が流行っています。
声が聞こえてくるのです。
 
「ギョームメ-レーです!」なんてキイちゃんみたいな子が叫びながら
みんなで走ってます。
 
そのうち「ミッタさん♪こっちら!手~の鳴~るほうへ♪」などと
遊びが発展していきます。
(どんな遊びなんだーーー!?)
 
恐るべし!ミタさん現象。

こんまり流お片づけ

先週もテレビ番組、金スマで特集が組まれていました。
今これが人気です。
年末までにお片づけ!
こんまり流です。
 
005.jpg平積みされていて買ってしまいました。
 
 
 
 
 
 
 
 
お片づけは場所別ではなく、モノ別に始める事。
またそのモノにも順番があること。
「ときめき」を基準に手元に残し、捨てるモノには「いままでありがとう」と感謝を告げてお別れすること。
 
まずは「衣類」からです。
全ての自分の衣類を一か所に集めて一つ一つ手にとって「ときめき」確認をするのです。

この衣類の山を自覚し把握します。

 

004.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                                        
 捨てるモノはこんなに出ました。
 
008 (3).jpgグラムで引き取ってもらえるリサイクルに出しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
収納する際はたたみ方に特徴があります。
それぞれの衣類が「自立して」収納します。
 
014 (3).jpgひとつひとつが立ちます!これが面白い!気分がよくなります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
017 (2).jpg「衣類」で、自分のときめき感度を上げたら
次は「本類」そして「書類」それから「思い出の品」へと難度をあげていくそうです。
最初から「思い出の品」に手をつけるといつまでも終わらないそうです。(~_~;)

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

1

« 2011年11月 | メインページ | アーカイブ | 2012年1月 »

このページのトップへ