HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2012年1月アーカイブ

院長ブログ 2012年1月アーカイブ

全豪 錦織圭選手ベスト8進出 NHKニュース

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120123/t10015465171000.html

すごいことですよね~shine快挙です。

日本人の活躍、なんだか嬉しいことです。

娘の中学時代のソフトテニス部の顧問が松岡修造のように熱い先生だと言われてました。happy01

若者を引っ張るのに、情熱はとても重要ですね。

テニスは左右非対称のスポーツなので
ぜひとも「しんそう」をとりいれてもらいたいものですが・・・
ゴルフ同様「しんそう」を必要とするスポーツですよね、実はcoldsweats02
娘はなかなかパパのしんそうを受け入れてくれません。もったいないsweat02
思春期&反抗期です。

少し前までは素直にしんそう受けていたのに・・・。
おかげで娘の姿勢はとてもよかったですcatface

今はからだよりも性格が歪んでますな~wobbly
まあ親として、気長に見守っているところです。

樹氷

016.JPG
今朝自宅青梅の部屋の窓から撮影した風景は
朝陽をキラキラ浴びて、樹氷でした。

きれいshine

けれど暗いうちから娘を駅に送り出すのに車を運転したり
読み聞かせボランティアで朝早くから歩いて20分小学校にも出掛けました。
まるで氷道の上を歩いているようでしたが
さすがに子ども達は元気に登校していました。

けがなく無事帰って来れて安心しました。coldsweats01

こんな日は事故に気をつけなければ・・・
ちょっとでも気を抜くと滑りそうでした。
夜も暗い中、思わぬところが凍ってたりしますから
みなさんお気をつけて・・・。

節電対策にレインボーストーブ

団地の3階から、この一戸建ての平屋に、9月に引っ越ししてきて、初めての冬を迎える。
覚悟していたものの・・・やはり・・・寒いたらーっ(汗)

近くに住む母が、同じような一戸建ての平屋なので、冬が始まる頃「セーター」を貸してくれてた。

「とにかく寒いだろうから、これを、はおりなさい。」

さすが母・・・そのセーターはほぼ毎日欠かせないあせあせ(飛び散る汗)

先日、1月分電気料金の請求が来て、目玉飛び出るほどびっくりしました!
団地の頃とは比べ物にならないくらい高額。
団地では3階に住んでいたのと、狭いのと、日当たりが良い等々で
コタツ以外ほとんど暖房器具なしで過ごせたから目
雨戸もないのに。カーテンも1枚なのに。
ストーブさえ要らなかったのだ。
なんか人の息だけで温かい感じ(笑)。

いまは広い空間が多すぎて、暖房が追いつかない。
エアコンが各部屋にあるので使ってみたが、あまり温かくないので、ず~っとつけていなければならないし、部屋が広いので効率が悪い涙
電気料金ってふつうの家では、こんなに高いのか!

思わず「東京電力に負けないぞ~!」と叫び?
電子レンジも炊飯器もエアコンも!コンセントを普段は抜くことにして
(つい面倒でつけっぱなしにしていた)

いろいろと夫と以前から検討していた石油ストーブをとうとう購入した!
鍋ややかんも乗せていられる。
いろいろ使い勝手が良いのと、なんといっても、あたたかい!                           

002.jpgこれはトヨトミというメーカーの「レインボー」という名前のストーブで
グッドデザイン賞をとっているらしい揺れるハート


写真ではちょっとわからないのですが
ほんとに虹色に火のわっかが見えて楽しいのです。わーい(嬉しい顔)

「火」って和むな~ぴかぴか(新しい)見ているだけで気持ちまでもが温まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

思わずレンジでチンの湯たんぽも買ってみました。
なかなかこれも良いです指でOK

001 (2).jpg


 

 

 

 

 


 

 

 

 002 (2).jpg

 

何年も前にサンタさんがプレゼントしてくれた、       

娘用湯たんぽも引っ張り出しました。

 

 

 

 

 

 

コタツをしていても、下からの冷えがすごくて全然コタツで暖まる感覚がなかったのですがあせあせ(飛び散る汗)
コタツ敷きも分厚いものを購入し 、コタツ掛けもさらに温かいものにしました。
そしたら娘がコタツでつい寝てしまうようになっちゃいましたたらーっ(汗)これは良くない・・・。

いろいろと購入してお金がかかってしまったけれど
エアコンをできるだけ減らして
これでどのくらい来月の電気料金がなるのか
東京電力に対抗だ~!?手(グー)

灯油代も気になるところですが・・・あせあせ


初雪 青梅では・・・。

007.JPGのサムネール画像












こんな感じです。部屋から見た風景です。

青梅は都心や三鷹より寒いです。
山から風にのって雪がやってくることもあります。snow

ストーブが役立ちますgoodshine

夫は三鷹までオートバイや自転車(運動を兼ねて!)で通ってますが・・・
さすがにsnow今日は歩いて最寄りの駅まで行きました。

てぶくろ つづき・・・

高校1年の娘が美容院に行った。
いままでで、一番短くなったかな~。
ショートヘア。

それで・・・帰宅して、鏡を見つめ・・・

娘が言ったひとこと・・・



「・・・やばい・・・イケメンだ。」



思わず噴き出してしまった。

だよね~と思わず同意しそうになって、慌てて否定した。

でも、かわいいよ~。(ちょっと無理があるが、かわいいと連呼しておいた)



ところで、これはなんだろう???
013.JPG

























今朝もそのへんにポトリとこの片方だけのてぶくろが落ちていたのだが・・・

娘のてぶくろ、どうにも理解しがたい・・・

最初は、あら、かわいいハート手袋人形かしら?と思ったが
なんだか違う代物のような・・・たらーっ(汗)

てぶくろにまでショートパーマ?あててしまったのかしら?

意味が分からん。ダッシュ(走り出す様)

風邪対策にもしんそう

ちょっと頭痛が激しい朝がありました。

私は夫がしんそう療方士なので、私ほど人生において「しんそう」の恩恵にあずかってるものはないだろう
というくらい「しんそう」が日常に定着しています。

夫に合掌してもしても足りないくらいでしょう。

少し体調の変化がある・・・
運動しすぎて筋肉痛だ・・・
ちょっと冷えて体がこわばってる・・・

私は日々の自分の調子には敏感であり
それはすべて自分の軸が「ゆがんでる」という自分の感覚でわかります。

有難いことに、そうしたときに

ちょこっと

調整してもらう

それで、いつも、よくなってきました。

この朝頭痛がしていたときも、「あ、風邪ひきそうだな・・・」と予兆がありました。
年末年始、いろいろと忙しかったせいもあります。

私が受ける「しんそう」はほんのわずか、2パターンくらいの施術です。
時間も一瞬です。

それで頭痛がすぐ治るわけではありません。
でも、すぐに「あ・・・ととのった・・・」という体の軸の感覚が来ます。
ここちよいのです。
かゆいところに手が届いた、という感じです。flair

それでいつもの活動が快適に行えて、
時間がたってから、あれ?頭痛はいつのまにか消えてる・・・ありがたいな~という具合です。

体調を整える、メンテナンスする・・・それが「しんそう」だと日々感謝しています。

ヨグマタ

ヨグマタ=ヨガの母の名称をインドで与えられ
公開サマディといって、空気も遮断された地下窟の中に何日ももぐる修業を18回も成功しているという・・・驚きの日本人女性。
ヒマラヤではこの修業が究極のヨガ行者の憧れで、何人も命を落としているという。
そのような生き神様みたいな人に会えるだけでもなんだか幸運だなーと思ってました。

友人から、この新刊と、招待チケットをいただいたので謁見出来ました。

いやぁ~~~~ぴかぴか(新しい)とにかくすごかったです。エネルギーが。パワーが。
ヨグマタジがしゃべりだす前の、目を閉じて待っている間が、もう一番すごかった。

インドに行ったときと同じ空気感で、ズゴーーーーンとたおれそうでした。
理由のない涙が出て出て仕方なかった。
有り難くて有り難くて、私たちが気づいている以上にすごいことが起きていると思えて、自然に合掌していました。
目を閉じている方が自然で、その空間全部をワンネスとして味わっていました。

ホ・オポノポノの4つの言葉がなぜか体内から湧き出て、
ごめんなさい・ありがとう・ゆるして・あいしてる~と
自分の内側が叫ぶというか、もう静かに嗚咽と号泣状態でした。

インドやその他でサムシュカラシュッディというすべてを吐き出すワークがあるのですが
それと同じ状態で、ものすごい浄化されてる、と感じました。

ふつう、このような方は、ふつうの社会には登場せず山にこもって自然のために地球のために祈りを捧げる生活をされるのですが
彼女は日本のために日本人のためにさまざまな活動をされる使命があるようです。
日本ってすごいな~日本人で幸運だな~・・・と思いました。

ヨグマタジがお話しだしたら、お話というのは意識を駆使しなければならないものですから
それがよくわかり、自分も我を忘れたエネルギーに包まれることから少しづつほぐされて
地上に降りてきました。

落語を聞いてるように面白いお話でした。
いちいちそのお話は教えとしてメモするものでもないし(でもふんだんに盛り込まれてた気がします)ただ笑って聴いていて心地よい感じでした。
こんなにヨグマタさんって人間なの?というくらいキュートな方でした。
なにも台本も原稿もなく、ただただ流れるままにお話ししてました。

あとは聴いている人が、この人をつくりあげてる、とも思いました。
聴いている人次第です。鏡です。この方はそこにいない、と思いました。
大勢の人前でしゃべってるのに、ヨグマタさんは「あなたは・・・」という言い方で話しかけてきます。
だから全部自分に個人的な話をされているようで、ほんとうに親しみが湧いてきます。
不思議なことでもありますが、私の目線に立って、話をしてくれて、私にわかるように話してくれたのだと思います。
ちょっとここ何日かいろいろなことがあったので、すっかりそれが浄化され癒されて、その必要性があって、私はここにいるのだな、という全ては自動的であるタイミングに感謝しました。
偉業を成し遂げ、悟りを開いているのに、そこにいるのはヨグマタさん、相川圭子さんという実に人間ぽい人間でもあります。
お話はほんとに彼女らしさの伝わってくる話ぶりで、少しもえらぶってるところがない。弱点さえも見えてくるぐらいです。そこがなんだかすごくいい。ぴかぴか(新しい)
覚醒とは、アウエイクニングとは、こういうことなんだろうな~ということもなんだかとっても腑に落ちました。
彼女は瞑想の大切さ、生活の中で常に「魂」に戻ることの大切さを説いていました。
そうすると、心を振り回されて悩む無駄な時間を過ごすことのない、クリーニングされた心のままにアイデアがあふれて生きることが幸せになる、と。
2012年になったんですね~ぴかぴか(新しい)強力(エネルギッシュな?)な時代がやってきました。

てぶくろ その2

てぶくろといえば、腕白だった私は、「てぶくろの反対なんだぁ~?」

と友達に聞いて回り。

聞かれた方は、しばらく考えて、「ろくぶて 」 つまり 6回打ということで、

答えた友達を、6回叩いて走り去るといういたずらを、思い出します。

てぶくろが活躍するのは冬。

私の出身は、群馬県高崎市。

赤城降ろしの空っ風の吹きすさぶ、高崎の冬をこうして走り回り過ごしていました。

子供は風の子といいますが、鼻水をたらし、手にはアカギレがありました。

今週末は大寒です。

寒さもいよいよ底という感じでしょうか。

大寒にあわせたように、未明から雪になるそうです。

これで、東京でも35日間続いた乾燥注意報が、途切れるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 


てぶくろ

「てぶくろ」といえば、絵本好きの私は・・・
新美南吉のこぎつねが出てくる美しいお話や
ロシア民話の落ちていたてぶくろにどんどん動物たちが入っていくファンタジーを思いだすが

そんなかわいいお話ではない((+_+))

今朝娘がまた「あ〜〜〜〜!!!」と、さっちゃんロードをスプリンターのごとくダッシュしながら、しぶしぶ両手違う色で出ていった。

(さっちゃんロードというのは、うちにある廊下のこと。早朝娘はそこを何往復もダッシュするので、夫とそう名付けた)


・・・しぶしぶ両手違う色で出ていった・・・ように見えた。

(出掛ける時間はまだ日が出ていないので、暗闇の中うっすらそのように見えた。
娘は高校1年生、部活の朝練に出るため朝5時10分には家を出る。)


ところが、今朝洗濯するときに・・・やっぱり・・・それを確信した。
部活で使う上着、ウインドブレーカーのポケットから出てきたのは

右のポケットから2つのてぶくろ。
左のポケットからは1つのてぶくろ。
写真の通り・・・全部で3つ。

 
009 (3).jpg 
う〜〜〜ん・・・たしか今朝のてぶくろは、片手はピンクだった。

そして、反対の手は・・・スキー用のてぶくろになってた・・・(*_*)



 
 
 
 
 
以前、友達の子どもが3人兄弟で、洗濯物の山からたたもうと、友達が靴下を取りだしたら

すべてが片方づつで、それがずら〜りと並べ、どうしようと途方に暮れていた。

私は、なぜ?なぜ?ありえないよ〜!と大笑いしてたら

うちは手の方でやってしまった・・・。

あけまして おめでとうございます。

あけまして おめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

こちらは娘の手描き年賀です。


057.jpg

 

 

 

 

 
3日に・・・不思議な空を見ました。

132.jpg 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして部屋の窓から見える隣の林に、不思議な鳥が!!!ぴかぴか(新しい)
124.jpg
わかりにくいですが・・・
ちょうど真ん中あたり、木の幹にしがみついてる。

背中(羽)全体が「しましま」で(*_*)
ストライプのTシャツか、ちっちゃなセーター着てる感じ?わーい(嬉しい顔)

スズメよりも少し大きいくらいです。

ほんとに可愛らしくものすごくすばやい動きでするすると木の幹を登る???!

そして鋭いくちばしでトントントンというか、ツンツンツンという感じで幹をたたいてます!

きつつきなのぉ~???!

その動作たるや、ふつうの鳥とは、ちがう~~~!

あまりに不思議で、「きつつき小鳥しましま」という、なんとも変な文字でネット検索してみました。あせあせ

すると・・・出ました!出ました!ハート達(複数ハート)この季節の風物詩なのでしょうか?

野鳥を愛する人の写真が次々と!!!
http://redfox112.sakura.ne.jp/bird_small2.htm

「しましま」とか「きつつき」という言葉で紹介されてます。

やっぱり「キツツキ科」だったのです。目

お名前は「コゲラ」というそうです。

まさか自分の部屋の窓から、きつつきを眺められるとは思ってもいませんでした。
窓をケルヒャーで磨いたからでしょうか?(笑)

しかもある瞬間かなしばりにあったように、そのしましまくんが微動だにしません。

シャッターチャンス!と思い何枚も写真をとりましたがふつうのデジカメなのでなかなかうまくは撮れません。
ところが何枚も虹みたいな光が撮れて・・・
どうやらその光にしましまくんはウットリしていたようです?!

129.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんとはこのレインボーの光の輪っかの左下にちょうどしましまくんが木に幹につかまったまま、うっとりとたたずんでいるのを撮影したのですけどね。うれしい顔

しましまくんといいましたが、どうやら野鳥を愛する人たちの間では
この男の子には頭のてっぺんに赤い毛があるのを撮影するのがたまらないみたいですハート達(複数ハート)
ちいさいので滅多に撮れないそうです。

通常1羽か2羽でいるそうです。

私が見たのは、つがいだったので、ぜったいどちらかは男の子です。

でも頭のてっぺんの赤い毛なんて知る由もなし・・・。

あまりに可愛らしいストライプに、とっても感動したひとときでした。ぴかぴか(新しい)

この日の空もしましま!?

う~~~~むむむ・・・これはしましまの予言かも考えてる顔

しましまの予言???・・・う~~~む。

しましま模様の服を着て出掛けると吉兆かも。。。?

1

« 2011年12月 | メインページ | アーカイブ | 2012年2月 »

このページのトップへ