HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2012年3月アーカイブ

院長ブログ 2012年3月アーカイブ

万病一元論

斉藤一人さんがお話しされてたんですけれど
「万病一元論」という言葉があります。

すべての病はひとつの原因から・・・というものですが
一人さん曰く、それは「腸の汚れ」からくる、と言います。

それもその通りだと思うのですが
「しんそう」の捉え方も同じことが言えます。

あちこち身体が痛い・・・といったとき・・・
その部分を「しんそう」では捉えません。
身体全体の主軸がありますから、その全体を捉えてゆく。
すると、部分の痛みが徐々になくなっていく・・・というような現象です。
これは私の体験ですが、夫がしんそう療法士のため
長年生活の中にしんそうを受ける事がとりいれられているため
私の健康を支えているのはしんそうだ、と言っても過言はありません。
私の人生になくてはならない、ありがた~い身体の動きです。


運動と しんそう

私は仕事で週に1回エアロビクス&ストレッチ体操というクラスを地元の体育館で中高齢者対象に指導しています。

私の母も、身体を動かすことが大好きで、参加しています。

この仕事をした後は、ほぼ毎回夫にしんそうの施術をしてもらっています。

運動をすると、必ず身体はゆがみます。

エアロビクスやダンスやストレッチは左右対称の運動ですが
それでも残念ながらゆがみます。

もともとのゆがみのクセ、からだの使い方のクセがあるからです。
重心の持っていき方とか、利き腕利き足などです。

ねじる運動もそうです。
それによって筋肉を意識して使うためにねじるのですが、その動作で必ずゆがみます。

だからゴルフやテニスやそのような趣味を持つ方は
同時にゆがみを調整できるしんそうのような身体のメンテナンスは、本当に必要だなーと感じます。
運動をしたらメンテナンス・・・これは原則だと思います。

しんそうには簡単で手軽な施術や、自分でできる簡単なポーズなどいろいろあります。
「基礎科」というしんそうの施術を教える教室も夫は三鷹でやっています。
私も習ったのですが、夫の教え方はとても上手ですscissorshappy01

もっともっと私のように生活に密着した形で、しんそう療方を受けられる人が増えるといいな~と願っております。
一家に一人しんそう療方士を!goodshineこれが私のひそやかな願いです。


ちまめと しんそう

先日久しぶりに口の中でほっぺ内側を噛んでしまったbearing

なんとなく気になってしまい、舌で触ってたりすると、みるみる膨らんで小豆そっくりの血豆ができてしまいましたeye

こんなに大きな血豆がしかも口の中にあるなんて、久しぶりなのでちょっとショックで気になりました。

わざとつぶすのも痛そうだし血がどばっと出るのも嫌だしbearing

気にしだすとますます気になるので、考えないようにして、それでいて気を使いながら過ごしました。

夫が帰宅してすぐ「血豆が久しぶりにできちゃって!」と訴えました。
すると夫は「ゆがんでるんだな。かなりゆがんでたもんな。」と言うのです。
「身体がゆがんでると誤って噛みやすいんだ」と言うので、へええ~flairそっかeyeと思いました。

私は日ごろから夫のしんそう施術を受けているので
このときも早速施術してもらいました。

日ごろからゆがみを治してもらっていると、いろいろと敏感になります。
そして、血豆くらいで、それがゆがみのちいさな警鐘flairになるのなら有難いことだと思います。

その後、血豆は知らぬ間につぶれて治っていました。
それ以上またなんども噛んでしまうということもなく。
痛みもなく知らぬ間に、だったので有難いことです。shine


お雛様

3月3日が来て、やっと出しましたsweat01
ふつうはもう仕舞うお雛様ですが、3日に出してしまったので、しばらくは堪能します。
001.JPG 
・・・って、こまかすぎる~あせあせ(飛び散る汗)
でも、こまかいお雛様が大好きです。ぴかぴか(新しい)

トイレにはさらに米粒大のお雛様を飾っています。ウッシッシ

近くで激写!ハート達(複数ハート)
003.JPG

これは亡き祖母が最後まで大事にしていた飛び出す絵式のカード。
誰かから送られてきたカード・・・私かもしれないあせあせ(飛び散る汗)

こちらも飛び出す絵のカード。
004.JPG

これもおばあちゃんのもの。

これらを見ると、大好きだったおばあちゃんを思い出す。ぴかぴか(新しい)

お片付けが上手で、いつも気持ちのいい部屋で暮らしていて
物が少なくて、その割にはときめくものが季節ごとに飾ってあって

おばあちゃんはとくにお雛様に興味があったようです。

おばあちゃん大好き!ぴかぴか(新しい)両方のおばあちゃんとも大好き!

父方のおばあちゃんは日本画に興味があって、実は作品もたくさんあって、それがまた素晴らしいのですハート達(複数ハート)
そうだ電球お片付け(断捨離)が済んだら、実家にしまいこんであるおばあちゃんの作品をうちに持ってこよう!ハート達(複数ハート)
このおうちなら団地と違って広いし和風だから、きっと似合う!ぴかぴか(新しい)楽しみ。


インフルエンザと しんそう

先月、娘がインフルエンザにかかった。

バレンタインデーにはりきって4日くらいかけてチョコパン作りでパティシエか!?というくらい
大量の友チョコを作って普段から睡眠不足なのに輪をかけて寝ていなかったsweat02

それに、学校でマラソン大会なるものもあり、娘は1~2学年女子で15位だったそうで
なかなかがんばって真剣に走った様子coldsweats02

そのあとくらいからか・・・初めての高校生活1年が経とうとしている中で
とうとう体力の限界を迎えたようだった。

朝は4時半に起きて部活の朝練習で身体を使い
土日もほとんど部活で学校に電車を4回位乗り換えて通っているsweat02

インフルエンザになって、やっと強制的に休むことができて、変な話だが親としてはほっとしたcoldsweats01
少しは身体休めないと・・・。

中学高校とソフトテニス部でいずれもハードな部活動をあえて自分で選んでいる。

その分たくさんしんそうも受けてもらいたいのだが、思春期の反抗期もあり、なかなか夫のしんそうを受けてくれない。

幼いころや小学校時代など、しんそうを受ける子どもとして(笑)このうえなく姿勢の良い子だった。
どこにいてもなんとなく背筋がぴんとしてて、写真に写るときなど自然にぴんとポーズが決まっていた(笑)

ソフトテニスは左右非対称の運動・・・だから左右のバランスを整えるしんそうをもっともっと受ければ
パフォーマンスも向上すると思うのだが
睡眠時間を削ってまで練習しようとする根性の世界despairなのに、娘は頭で理解していないようだ。

それでもインフルエンザになったら少しはしんそうを受ける気になっていた。

病気や体調の崩れている時こそ、やはり相当ゆがみがきているもの。

最初の1~2日は身体の節々が相当痛かったようで(すべての疲れやマラソン大会の筋肉痛も残っていたでしょうsweat02)しんそうを受けても、「効かない!」などと怒っていた娘。

そういう問題じゃないのよ、娘よ・・・

しんそうというのは定期的に受けるもの、すぐ熱を下げるインフルエンザの強力な薬とはわけが違うわ!
熱下がったら、すぐ学校行く!などと言いだすし・・・さんざん休んで日曜日には部活に行く!と言い出す始末impact言語道断。

それでも夫は久しぶりに娘に施術を少しだけできて
「これで、だいぶ眠れるようになると思うよ」と言っていたし
それは娘にとってのこれまでの疲れに、真の意味で多くの休養を体に与える事になるshine

運動をしているからこそ、もっともっと娘にはしんそうを受けてほしいと願う親であった。

三鷹といえばジブリ!

当院は、JR三鷹駅南口より徒歩3分です。

駅前ロータリーには、三鷹の森ジブリ美術館行きのバス乗り場があります。

ジブリ美術館は予約制のため、天候に左右される事無く混んでますね。

ヤフオク1 038.jpg

歩いても20分弱ですが、やはり通称ネコバスが人気です。

 ヤフオク1 041.jpg

 

 

 

 

 

 

記念撮影をしている人も見受けられます。

外国の方も多いようですね。

流石、アカデミー賞ですね。

 


1

« 2012年2月 | メインページ | アーカイブ | 2012年4月 »

このページのトップへ