HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2012年6月アーカイブ

院長ブログ 2012年6月アーカイブ

ボクシング中継に想う

タイムリーな話題ではありませんが、先週久し振りに、ボクシングをTVで観戦した。

話題になった、井岡VS八重樫の世界ミニマム級の統一戦。punch

試合は八重樫の健闘により想った以上の内容で、大興奮。good

試合内容もさることながら、ラウンド間のインターバル中に映った

ゲスト解説の薬師寺と辰吉の2ショットに、さらに感動した。

試合の中盤、画面で薬師寺が辰吉の耳元で何かささやいているのが、映し出された。

興奮するファンの声援が飛び交う中でのことだ。

同性、異性問わず、耳元でささやくという行為は、変な意味ではなく、

当事者同士の親密性が現れている行為の代表だと、勝手に思っている。

ご存知のように、2人は約20年前に世界王者を巡り、激しく拳を交えている。

マスコミもそれを煽った結果、リング外でも激しい舌戦となり、試合当日はピークになった。

戦況予想と舌戦は、辰吉が優勢。

熱狂的なファンが多い事から、会場の雰囲気も、薬師寺には完全アウェイ状態。

そんな中、フルラウンド判定で、勝利の女神は薬師寺に微笑むことになる。

試合終了のゴングがなる中、両雄は抱き合いお互いの健闘をたたえあう。

この時、辰吉は薬師寺に「お前は強い。色々言って悪かったなあ。」と語りかけたそうだ。

薬師寺もその言葉を聴いて、わだかまりが無くなったと、回顧している。

そんな二人の経緯を知って、この2ショットを見ると、単純に感動してしまった。

拳を交えた二人の間に流れる、何か温かいものを勝手に想像してしまった。

辰吉は現役にこだわり続け、タイまで行って試合をしていたようだ。

パンチのダメージが、今回のコメント時にも現れていたように思う。

薬師寺は、そんな辰吉をやさしく包み、気遣っているように感じた。

全て、私の勝手な想像?妄想?の域は出ませんよ。

 

 

 


どくだみ化粧水

ドクダミの花がたくさん庭に咲きました。
ドクダミ・・・というと、子どもの頃、べんじょぐさあせあせ(飛び散る汗)なんて呼んでいた気がします。あせあせ
お便所の前のなんだかじめじめした場所に生えていました。
それに・・・くさい・・・独特の匂いがする。
それに・・・強い花でどんどん・・・どんどん・・・ふえるふえるあせあせ(飛び散る汗)ふえすぎる!
025.JPG
雑草として抜こうかどうしようか迷ってた時、たまたま出掛けた民家を利用したお茶屋さんで
「ドクダミ化粧水」のことを聞きました。ハート達(複数ハート)

その方は庭に生えたドクダミを乾して化粧水を作ったという。
「肌を白くする効果があるらしいの!化粧水などなかった頃からの、昔の人の知恵よね~。
私もずっと使っていたら、シミが消えた気がするのよ!揺れるハート気のせいかもしれないけどねぴかぴか(新しい)

いえいえぴかぴか(新しい)私より年上に見える方ですが、とてもお肌が綺麗で説得力がありました!ぴかぴか(新しい)

実家を改造して喫茶店をしているのですが、芸術家の彼女・・・活発でいつもとても素敵な方です。

その日も、「初めて試してみたのよ。」と、びわ茶湯のみをサービスしてくださいました。

その方の明るい姿が、私のやる気に火をつけました晴れ
そういう素敵な波動って、伝わるものがあるのですね。

ネットで詳しく調べてみると・・・いろいろな作り方がありますが・・・
中でも簡単な方法を選んで・・・
刈り取って、洗って、束にして、干しました。
035.JPG
作業はなかなか楽しく、引っこ抜いて捨てちゃおうか?もうやだ~(悲しい顔)衝撃と思ってたものが、自分が試してみたいなぁ揺れるハートというものに生まれ変わるかと思うと、とてもわくわくします。ぴかぴか(新しい)
015.JPG
ホワイトリカーに漬けて、作業が楽しかったので日にちをまた替えたりして、
3瓶も作りました\(~o~)/
一番左側の瓶が一番新しく作ったもの。
はっぱだけでなく、花もツボミもいっしょに入れました。
この液体が、きれいな琥珀色になってくるのだそうです。
花の咲く時期がもっとも薬効もあるらしいとうことで5~9月くらいの期間が良いようです。

ただし、この瓶詰めのまま、最低3カ月は置いておかなければなりません。あせあせ
1年くらい置くのも良いそうです。
実際に使用できるようになるのは、まだ先です。あせあせ
それまでにカビたり、腐ったりしませんように・・・。楽しみに待ちます。ぴかぴか(新しい)


みつばち

半月前くらいは、庭にスズメバチがやってきてcoldsweats02巣をつくる場所を偵察に来てるんだな~ということがわかり
たいへん恐ろしかったです。

それで・・・「スズメバチ激とれ!」などという庭につるす「虫コナーズ」のようなものを
母が自分の庭用に買ったものを急遽、私にくれました。

つるそうと思った日に雨が降ったので、機会を逃していました。

そのうちスズメバチは全然来なくなったので、もうつるすのはやめようかと思ってます。
なぜならそれは小さなバケツのような場所に実際にスズメバチを入れてゼリーのようなものに沈める仕組みだからですcrying
なんだか見た目もやることも怖すぎます。crying

つるそう・・・と思った想念を(?)スズメバチは感じとって、いなくなってくれたのでしょうか(苦笑)。

今朝洗濯物を干している時に・・・ぶんぶんぶんぶんかわいらしい音がします。

たくさんのみつばちが働いていて蜜を集めるのに一生懸命でした。

スズメバチには申し訳ないけれど、彼らとはぜんぜん危険を醸し出すムードが違います。

「みなしごハッチ」で育った世代だからでしょうか?coldsweats01

このごろは環境の変化でみつばちが減っている・・・ということを憂うニュースも聞いたことがあります。

貴重な存在という気さえしてきます。

みつばちにカメラを向ける事はできませんでしたが
ふと気がつくと、たいへん可愛らしい花が咲いていることに気づかされました。
011.JPG
残念ながらこの木の花の名前を私は知りません。
昨年秋に引っ越してきてから初めて咲いたところを見たからです。

ひとつの花の直径が5ミリあるかないかくらいのちいさき花です。

一番芳香なときなのでしょうか・・・とにかくたくさんのみつばちが夢中でこの小さな花の蜜を集めています。
皆で夢中で働く姿になにか励まされるものがあります。


巣立ちの時

焦がしてしまった分厚めのパン・・・ゴミ箱に入れようと思ったけれど
裏側つまめば食べれる。
試しに庭に投げておいたら、スズメがちゅんちゅん!ついばみにきました。
それがなんともまあ可愛らしく。
親鳥と子スズメ・・・
ちゅんちゅんとしきりに鳴くのは子スズメ・・・もう親と同じ立派なからだなのに、なんとなく体形はまだずんぐりむっくりという感じクローバー
産毛(産羽?coldsweats01)がとれきっていないような・・・歩き方や飛び方も親スズメの後をひたすら追っていて、まだ羽ばたきもぎこちない。
それで、パンのそばまでおりてくるのだが、親からもらってる。かわいいハート達(複数ハート)
子スズメは2羽。
親はてきぱきと与えてる、すらっとした体形なのに対し子どもはずんぐりしてる姿がなんともいえずかわいい。
昨日から今日にかけて、ちゅんちゅんちゅんちゅん・・・なんとも和やかな親子の姿を見せてくれている。

玄関近くの木には、生まれたてのかまきりのあかちゃん・・・こまか~いのが何匹もいた!
風に揺れながら、こちらはこまかいのにもうひとりだち・・・
012.JPG
何匹いるか、見えますか?coldsweats01

カメラを向けると気配を察して逃げてしまうけれど・・・
009.JPG
こんな感じです。shine




1

« 2012年5月 | メインページ | アーカイブ | 2012年7月 »

このページのトップへ