HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2014年1月アーカイブ

院長ブログ 2014年1月アーカイブ

読み聞かせ

私の趣味は読み聞かせです。
娘が小学1年生のときから始めて、もう娘は高校3年生ですが
私は絵本の世界・語りの世界にはまってしまいました。

毎年この時期になると、依頼があったりする絵本
キーツの絵本「ゆきのひ」です。
012.JPG
しっとりしみじみ静かに美しい雪を味わえます。

年長さんで読み、そして来週小学1年生の教室で読む予定です。
子供たちの反応はとても面白く、読んでいるこちらはとても癒されてしまいます。
子供の想像力はすごいな~~~と思わされます。
静かに聴いているようで、心の中は活発に動きまわり、普通の動作でも探検や冒険になります。

幼い男の子にとくに人気があります。

絵の力はすごくて、子供に媚びないというか・・・本格的で芸術的で美しいです。
その本物な感じがストレートに子供の心をつかみ、夢中に惹きこまれるという、パワーあふれる絵です。

祖母の作品

団地からこの貸戸建てに来て3年・・・
和風の広い玄関に、いつからかインスピレーションのようなものが沸いてきました。

そうだ!おばあちゃんの作品を飾ろう!!!  004.JPG なんといえばよいのでしょうか・・・押し絵?布 絵?
とにかく和風で3Dな作品です。
山のように作品をこしらえて、亡くなりました。
明治生まれの祖母ですから、ほんとうに古風な人で
人の集まる場所ではほとんどしゃべらずでしゃばらず
二歩も三歩も引いているような控えめな女性でした。
物腰柔らかでいつも優しくにこにこしていて、それでいてきちんとしていて
お部屋の片付きようといったら、私の永遠の憧れです。
最後まで着物を着ている人でもありました。

季節に応じた作品があるので
せっかくこのような広い玄関があるのだからギャラリーになるかしらと。
娘のよい刺激にもなるかなと。
ひいおばあちゃんはこんなにも器用で
こんなことが大好きだったんだねと。
006.JPG
昔の女性ですから、簡単に夢を叶える状況ではなかったようですが
日本画家?になりたいという夢はあったようです。
「おばあちゃんは、えかきさんになりたかったのよ。」と子供のころ聞いた記憶があります。

今まで実家で眠っていた作品たちですが
季節ごとに少しでも出してあげたいと思いました。

孫思いのおばあちゃんが天国で微笑んでいるのを感じ、私も嬉しいです。


七福神めぐり

先日青梅の七福神めぐりをしました。
まずは聞修院まで友人のご主人に車で送っていただき
そこがスタートです。
山奥のとてもとても美しい聞修院。 017.JPG
ここに来ただけでも見ごたえのある素晴らしい場所でした。
なにやら聞くところによると、結婚式やらコンサートやら、宗派を問わずさまざまなイベントがこの場所で行われているらしいです。

七福神めぐりは急に思い立ちました。
エアロビクスの生徒さんが「5時間かかって歩いた」というのを聞いて
年初めのウォーキングエクササイズにぴったり!flairと思いついて
友人を誘ったら、彼女も「七福神めぐり」には興味があり、地図を用意してくれたのです!
さらに彼女は地元で土地勘もあり、私はまるで「地図の読めない女weep」なのですが
初めてなのに彼女が全部7箇所道案内してくれて・・・もう~彼女を8福神めとして拝みたいくらいです。

別の友人に「御朱印帳」なるものがあると聞き、
私たちは初心者なので、帳面よりも色紙に朱印を押してもらうことに決めました。
この色紙にはそれぞれ七福神の絵が描いてあって、そこに行く先々で朱印を押してくれるのです。

青梅の七福神は「多摩七福神」ということで、まあ、どこもかしこもお寺が綺麗で
自然は美しく、人は優しく、ウォーキングにたいへんおすすめです。
結構歩ける人向きです。
こんなに楽しいとは思いもよりませんでした。
本来は1月7日までに出かけるといいらしいのですが
思い立ったが吉日で私たちは13日でした。
人もすいててよかった気がします。

朝10時過ぎに出発して、途中はお寺のお庭でおにぎりを食べ、午後3時半過ぎころでしょうか、
最後は玉泉寺で終了です。 020.JPG
向かって左が私。右が八福神めの友人です。朱印が全部に押されるとなにやら達成感があります。

寒い日だったので汗をかくのかどうなのか、どんな格好をしたらよいのかわかりませんでしたが
ユニクロの夏のサラファインと冬のヒートテックを重ね着して(笑)適度にほかほかしながら歩きとおせました。
飲み水も持参しましたが
各お寺では甘茶や梅茶などがポットに入って茶碗まで置いてあったり
七輪やかんに沸いてたりと・・・
日本の寺の心配り、お・も・て・な・しには心からほっこりしてしまいます。
どこも綺麗に清められてて、すがすがしく、それだけで癒されます。

帰宅してからは30~40分はストレッチをじっくりしました。あとに疲れを残さないために。

それでも腰が痛くなりました。
長い距離を歩く道路用の靴ではなかったのと、久しぶりの長距離ウォーキング・・・残念ながら若いときとは違いますねdash
身体がなんでもない、というわけにはいかない。
そんなときには、いつも、しんそう。
運動前後にやっておけば快適。
身体のケア&メンテナンスで痛みや気になるところがあれば、さらにしんそうを受ける。

すると、知らぬ間に、身体の軸が元通りに・・・。
いつも思うのですが、「知らぬ間に・・・」というのがポイントです。
すごいなぁ~~~と夫の技ながら、いつも感心しています。

健康のために運動はとても大事なのですが、同時に「しんそう」というケアも怠らなければ
鬼に金棒という感じです。

七福神に金船?・・・という感じでしょうかhappy01





1

« 2013年12月 | メインページ | アーカイブ | 2014年2月 »

このページのトップへ