HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2014年2月アーカイブ

院長ブログ 2014年2月アーカイブ

また雪国青梅・・・

005.JPG
今日の夕方はこのような感じで・・・

015.JPG
夜、玄関開けると、もう雪が迫ってきています。

012.JPG
庭も雪でほぼ埋もれてしまい・・・

夫は今日は三鷹治療院にそのまま泊まることにしました。

たしかにこれでは、青梅には帰ってこないほうがよいです。sweat02

テレビでは先週の雪とは質が違うというけれど・・・
あまり変わらないような、やっぱり細かい粉雪で、まだまだまだまだ降り続いています。

スノボーメダルも楽し!

平野、平岡が日本勢初メダル ジャンプ高梨は4位
http://www.joc.or.jp/games/olympic/sochi/photo/photo_detail.html?vol_id=5015&photo_no=photo1_1

昨晩のスノボー予選さりげなく見ていたら、その面白さに釘付けになり目が離せなくなりました。
本選まで見れたらよかったのですが、夜中までは起きていられませんsweat01

予選ではアメリカのオリンピック三連覇を狙うという王者ショーンホワイトが圧倒でした!
華があって、見せ場があって、これが「クーーーール!」というものかぁ!と開いた口がふさがらない。

そのような中、日本人のふたりが、着実に、確実に、見事に飛んで?いて、
ひやぁ~~~wobblyなんとすごいんだろう・・・と思っていました。

歩夢くんにいたっては、15才ということで、ほとんど少年!!!
見たとたん「おいっこに似てる」などと錯覚し(笑)もう可愛くて仕方なくなりました。

もうひとりの子も娘と同い年・・・そのインタビューの風景はなんとも力みがなくて
娘と同じ空気を感じました・・・

プレッシャーがなく、等身大で、楽しんでる・・・たいしたものです。

背伸びも卑屈さもなく・・・自分の背丈を知ってる感じ。無理がないのです。

娘を見ていても、なんとなく、そういう「新しい感覚」を感じるのは気のせいでしょうか?

親の世代の思考枠を超えてるところで生きている気がするのです。

娘が小学1年生になると同時に「ゆとり教育」として
土日曜日が休みになったのです。
その後また反省改正されつつあるようですが(苦笑)

良くも悪くも、娘になにかアドバイスしようという気が起こりません。

むしろ教わりたい感じcoldsweats01

オリンピックも気張り過ぎない子がほんとに自分の天性と努力を全うして楽しむ姿を見せてもらえる
そんな新しい時代をなんだか期待しています。

雪国青梅になっちゃった(*_*)


yuki.JPG
最初に降った雪はこんな程度で綺麗でした・・・

013.JPG
こんな可愛らしい鳥の足跡も素敵!なんてはしゃいでいたのに・・・

粉雪はどんどん、どんどん、どんど~~~~~ん積もって
040.JPG
夫は日曜の朝8時から、ほぼ1日かけて雪かきでした。
私も10時半ごろから・・・
ご近所総出で、膝上まで積もっている雪をかきかき・・・汗もかきかき・・・
どこに積んで良いやらわからないほどの雪を公園や畑の脇に歩いて歩いて運んで・・・
都知事選挙に出かけるのも、足元悪くて大変でしたが
ある意味ひとつの災害だな・・・と思いました。
ご近所同士の協力の下、なんとか歩けるようになる・・・大切なことですね。

昨日は私は国立市まで電車で出なければならなかったのですが
夫のアドバイスで、駅まで自転車はとても危険で
歩きでも足元十分気をつけないと、転びそうな箇所がいくつもありましたsweat01
帰りは凍るのでますます危ない。
雪かきは大変だけど、やはり街の安全にも直接つながるんですね。

002.JPG
今日は庭も夫が掘って(笑)くれたので、なんとか洗濯干し場まで楽に行けるようになりました・・・

が、まだ、屋根からツララが(*_*)

turara.JPG
屋根のそばにはまだ洗濯干せませんsweat01ポタポタ溶けてしずくは落ち続けます。

しばらくはまだ雪に囲まれて暮らしていくことになりそうです。


1

« 2014年1月 | メインページ | アーカイブ | 2014年3月 »

このページのトップへ