HOME > 院長ブログ > スタッフ > 首痛

院長ブログ

< 脚は決して組まない  |  一覧へ戻る  |  しんそうは風邪薬? >

首痛

院長、妻です。
青梅分院という名称でHPに載せさせていただいておりますが
つまり水曜・日曜・土曜夕方などの日程に
三鷹市までは遠いけれど青梅市なら近いという方に来ていただいています。

青梅市は院長自宅なので
自宅の普段の部屋にて施術させていただいております。

するともれなく妻も同席してたりして
運がよければお茶もお出ししています。^^

ぜひ、青梅市近辺にお知り合いの方がいらっしゃいましたら
お気軽にご紹介ください。

「先生、お休みなんじゃないの?」と気を遣われる方もいらっしゃいますが
せっかくの「しんそう療方」という貴重な施術
まだ東京の地域、とくに多摩方面の方にはなじみがないと思いますので
なかなか受けたくても受けられない方もいらっしゃいますし
多くの方に体験していただきたいと思い、少しでも施術できる場所を提供したいと思っています。

妻として、おしゃべり相手にしかなれないですし
リビングの一角ですし
夫は、普段着のまま施術しておりますが
広くて田舎で気持ちのよい場所ですので
ぜひお越しください。

先日、首痛・腰痛の方がいらしてくださいました。

3回の施術でだいぶ調子がよくなられたようです。

「しんそう」はよくなると、もう、来なくなる方もいらっしゃるし
のどもと過ぎると、もう安心される方もいらっしゃいます。

でも、本当は、もっともっとよくなる、身体がどんどん変化していく、あれ?気づくと調子がだいぶ違う
何年か前より、物事が楽になった・・・などなど「しんそう療方」で受ける恩恵は計り知れないものがあるのです。

私はもしかしたら、妻として、生活の中で、しょっちゅう夫に施術してもらっているので
いちばんの体験者かもしれない、と自負しています。
「しんそう療方」に感謝しています。

これからはブログにもそんな体験談も載せていきたいと思います。





カテゴリ:

コメントする

< 脚は決して組まない  |  一覧へ戻る  |  しんそうは風邪薬? >

同じカテゴリの記事

しんそうは風邪薬?

何年もしんそうの施術を受けている妻の立場としましては
年々変化を感じるのは、つい先日も夫に言われたことでしたが
風邪をひく回数が減ったのと
その回復力が高くなったことです。

何年か前は、冬になると、しょっちゅう風邪をひいて
寝込むことも多く、主婦としては家族に迷惑を掛けてしまい大変です。

それが、ここのところ気づくと、あれ?今年の冬はほとんど風邪に悩まされなくなった・・・という感じです。
先日も微熱が出て、頭痛と吐き気がして、早い目に寝て養生し、
予定していた人と会う約束もキャンセルしました。
人と会うことも、あまり無理をしない、という風に心がけました。
とにかく、早めの養生。夫が協力してくれて、早い段階で家事等休むことが出来ました。
夫にとっても、それが長引かないコツとこれまでの経験上(笑)思ったようです。
自分が家事を大量に長期間こなさなければならなくなりますからね。

案の定、復活が思ったより早く、キャンセルした約束もその週のうちに果たすことが出来て
友人にも「復活早いね!若い!」と言われましたが
私の心のうちでは「これも、しんそうのおかげ」と感謝していました。

「ちょっと、体調がおかしい」という時点で、すぐ夫にしんそうを一技、二技、施してもらうので安心です。
風邪がひどくなる前の予防薬です。

そのときに夫に「ああ、でも、歪みはあまりひどくないよ。大丈夫だ。」と言われると
とても安心して、そんなに大したことないんだな・・・と健康バロメータの目安になります。

普段の生活の中で、疲れがたまってしまってるとき
「ああ~・・・かなり歪んでるね」と言われると、あ~やっぱり・・・と忙しくなりすぎないように気をつけるようにします。

夫の話を聞いていると
「風邪をひいて、今日キャンセルします」という患者さんもいらっしゃるようで、残念に思います。
そういうときこそ、しんそうを、と思いますが、私のような特典を受けるわけにいきませんものね。
ご近所ならともかく、それでも、外出するまでに風邪には厳しい状況が待っています。

けれど、歪みがひどくなると、体調を崩しやすくなったり
風邪のウイルスにたちまち狙われたりするのも事実です。

自然治癒力の促し、元気で過ごすためにも、しんそうを普段からの施術として、ご愛用ください。^^
健康チェックの目安にどうぞ。

また、風邪をまったくひかないとよいか、とそういうわけでもなく
ときどき熱が出て、身体を休め、身体の内部でなんだか消毒?作用が起きてる気がしてなりません。^^
先日も友人が高熱が何年ぶりかに出て、そのあとが快調で仕方ない!なんてひとがいましたけど
薬等を普段あまり服用せず、自然の流れに従って生きている方は
そういうことが、ままあるようで、私も、それを体験します。

そういう意味でも、薬の服用のない、しんそう施術は優れているな~と思えてなりません。

 


くわず女房

季節は少し過ぎてしまったのですが
5月5日端午の節句にまつわる昔話があります。
「くわず女房」です。

子供のころ絵本で見たこともあったかと思うのですが
大人になってこのおはなしを耳で聴くと想像力がすごく膨らみます。

私は図書館のボランティア等で昔話に触れる機会が多く勉強会で
これを聴いたとき、迫力満点の映像が浮かぶようでした。

おちょぼぐちの女が「私は何も食べないから嫁にしてくれ」と男のところにいき
男が留守の間、髪の毛を広げると頭のてっぺんに大きな口が開いて飯をがっぽがっぽ食べるという・・・
実はやまんば。
男にはついにばれて男は逃げ出すのだが
最後はやまんばの苦手なしょうぶとよもぎにやられて死ぬという・・・
しょうぶは刀のように刺さる
よもぎは毒が回る

いのちからがら逃げてきた男。
それからは端午の節句には玄関に皆がしょうぶとよもぎを飾るようになったという。

怖いけれど、実に面白い話。
語り手から聴くと、こんなにもイマジネーションとは広がってゆくのか・・・と思いました。
しょうぶの葉が、想像の中では、シャキーンと音を立てて、刀としてびかりと光り何本も突き立って
やまんばを恐れさせます。

よもぎはなにかと薬になるし
煎じると腹痛下痢や貧血冷え性等にもよいようです。

夫は鍼灸師でもあるので
たまにお灸を自分でしていることがありますが
あの「もぐさ」は、このよもぎからできてると夫から聞き驚きでした。
夫は切り傷などすると、その傷に直接お灸をしますcoldsweats02
止血効果がよもぎにはあるということです。すご~いですよね。

昔話にはいろいろな生活の知恵も知らない形で伝えられているのでしょう。
端午の節句をネットで検索すると実にさまざまな興味深い由来等を知ることができます。

今月は玄関に祖母の別の作品を飾りました。
日本人は四季折々なにかと楽しめて素晴らしいですね。 044.JPG 


台所に春が来た

たしか「だいどころにはるがきた」という絵本があったな~・・・と思い出します。
娘が幼いころ、読み聞かせした記憶があります。

001.JPG
納豆の箱に水入れて、大根の切れ端をさして、大根葉をちょこっと料理や弁当に使おうと思ってたら・・・
使いそびれて伸びてすくすく育ってしまったの図。

002.JPG

大根の花も蕾も、可憐です。


ひなまつり、啓蟄、でも寒い(*_*)

ゆうべは嵐のような風の音でした。
でも春一番でもなく、冷たい風です。

今年のお雛様は祖母の手作り押し絵にしました。
年々楽して飾っていますsweat01
でもこれはとても素敵で巨大なので、飾りがいがあります。
天国の祖母もきっと喜んでいるでしょう。
005.JPG
あ!早く仕舞わねば・・・娘が嫁に行き遅れるcoldsweats01

早く春よこい!

このページのトップへ