HOME > 院長ブログ

院長ブログ

初雪 青梅では・・・。

007.JPGのサムネール画像












こんな感じです。部屋から見た風景です。

青梅は都心や三鷹より寒いです。
山から風にのって雪がやってくることもあります。snow

ストーブが役立ちますgoodshine

夫は三鷹までオートバイや自転車(運動を兼ねて!)で通ってますが・・・
さすがにsnow今日は歩いて最寄りの駅まで行きました。

てぶくろ つづき・・・

高校1年の娘が美容院に行った。
いままでで、一番短くなったかな~。
ショートヘア。

それで・・・帰宅して、鏡を見つめ・・・

娘が言ったひとこと・・・



「・・・やばい・・・イケメンだ。」



思わず噴き出してしまった。

だよね~と思わず同意しそうになって、慌てて否定した。

でも、かわいいよ~。(ちょっと無理があるが、かわいいと連呼しておいた)



ところで、これはなんだろう???
013.JPG

























今朝もそのへんにポトリとこの片方だけのてぶくろが落ちていたのだが・・・

娘のてぶくろ、どうにも理解しがたい・・・

最初は、あら、かわいいハート手袋人形かしら?と思ったが
なんだか違う代物のような・・・たらーっ(汗)

てぶくろにまでショートパーマ?あててしまったのかしら?

意味が分からん。ダッシュ(走り出す様)

風邪対策にもしんそう

ちょっと頭痛が激しい朝がありました。

私は夫がしんそう療方士なので、私ほど人生において「しんそう」の恩恵にあずかってるものはないだろう
というくらい「しんそう」が日常に定着しています。

夫に合掌してもしても足りないくらいでしょう。

少し体調の変化がある・・・
運動しすぎて筋肉痛だ・・・
ちょっと冷えて体がこわばってる・・・

私は日々の自分の調子には敏感であり
それはすべて自分の軸が「ゆがんでる」という自分の感覚でわかります。

有難いことに、そうしたときに

ちょこっと

調整してもらう

それで、いつも、よくなってきました。

この朝頭痛がしていたときも、「あ、風邪ひきそうだな・・・」と予兆がありました。
年末年始、いろいろと忙しかったせいもあります。

私が受ける「しんそう」はほんのわずか、2パターンくらいの施術です。
時間も一瞬です。

それで頭痛がすぐ治るわけではありません。
でも、すぐに「あ・・・ととのった・・・」という体の軸の感覚が来ます。
ここちよいのです。
かゆいところに手が届いた、という感じです。flair

それでいつもの活動が快適に行えて、
時間がたってから、あれ?頭痛はいつのまにか消えてる・・・ありがたいな~という具合です。

体調を整える、メンテナンスする・・・それが「しんそう」だと日々感謝しています。

ヨグマタ

ヨグマタ=ヨガの母の名称をインドで与えられ
公開サマディといって、空気も遮断された地下窟の中に何日ももぐる修業を18回も成功しているという・・・驚きの日本人女性。
ヒマラヤではこの修業が究極のヨガ行者の憧れで、何人も命を落としているという。
そのような生き神様みたいな人に会えるだけでもなんだか幸運だなーと思ってました。

友人から、この新刊と、招待チケットをいただいたので謁見出来ました。

いやぁ~~~~ぴかぴか(新しい)とにかくすごかったです。エネルギーが。パワーが。
ヨグマタジがしゃべりだす前の、目を閉じて待っている間が、もう一番すごかった。

インドに行ったときと同じ空気感で、ズゴーーーーンとたおれそうでした。
理由のない涙が出て出て仕方なかった。
有り難くて有り難くて、私たちが気づいている以上にすごいことが起きていると思えて、自然に合掌していました。
目を閉じている方が自然で、その空間全部をワンネスとして味わっていました。

ホ・オポノポノの4つの言葉がなぜか体内から湧き出て、
ごめんなさい・ありがとう・ゆるして・あいしてる~と
自分の内側が叫ぶというか、もう静かに嗚咽と号泣状態でした。

インドやその他でサムシュカラシュッディというすべてを吐き出すワークがあるのですが
それと同じ状態で、ものすごい浄化されてる、と感じました。

ふつう、このような方は、ふつうの社会には登場せず山にこもって自然のために地球のために祈りを捧げる生活をされるのですが
彼女は日本のために日本人のためにさまざまな活動をされる使命があるようです。
日本ってすごいな~日本人で幸運だな~・・・と思いました。

ヨグマタジがお話しだしたら、お話というのは意識を駆使しなければならないものですから
それがよくわかり、自分も我を忘れたエネルギーに包まれることから少しづつほぐされて
地上に降りてきました。

落語を聞いてるように面白いお話でした。
いちいちそのお話は教えとしてメモするものでもないし(でもふんだんに盛り込まれてた気がします)ただ笑って聴いていて心地よい感じでした。
こんなにヨグマタさんって人間なの?というくらいキュートな方でした。
なにも台本も原稿もなく、ただただ流れるままにお話ししてました。

あとは聴いている人が、この人をつくりあげてる、とも思いました。
聴いている人次第です。鏡です。この方はそこにいない、と思いました。
大勢の人前でしゃべってるのに、ヨグマタさんは「あなたは・・・」という言い方で話しかけてきます。
だから全部自分に個人的な話をされているようで、ほんとうに親しみが湧いてきます。
不思議なことでもありますが、私の目線に立って、話をしてくれて、私にわかるように話してくれたのだと思います。
ちょっとここ何日かいろいろなことがあったので、すっかりそれが浄化され癒されて、その必要性があって、私はここにいるのだな、という全ては自動的であるタイミングに感謝しました。
偉業を成し遂げ、悟りを開いているのに、そこにいるのはヨグマタさん、相川圭子さんという実に人間ぽい人間でもあります。
お話はほんとに彼女らしさの伝わってくる話ぶりで、少しもえらぶってるところがない。弱点さえも見えてくるぐらいです。そこがなんだかすごくいい。ぴかぴか(新しい)
覚醒とは、アウエイクニングとは、こういうことなんだろうな~ということもなんだかとっても腑に落ちました。
彼女は瞑想の大切さ、生活の中で常に「魂」に戻ることの大切さを説いていました。
そうすると、心を振り回されて悩む無駄な時間を過ごすことのない、クリーニングされた心のままにアイデアがあふれて生きることが幸せになる、と。
2012年になったんですね~ぴかぴか(新しい)強力(エネルギッシュな?)な時代がやってきました。

てぶくろ その2

てぶくろといえば、腕白だった私は、「てぶくろの反対なんだぁ~?」

と友達に聞いて回り。

聞かれた方は、しばらく考えて、「ろくぶて 」 つまり 6回打ということで、

答えた友達を、6回叩いて走り去るといういたずらを、思い出します。

てぶくろが活躍するのは冬。

私の出身は、群馬県高崎市。

赤城降ろしの空っ風の吹きすさぶ、高崎の冬をこうして走り回り過ごしていました。

子供は風の子といいますが、鼻水をたらし、手にはアカギレがありました。

今週末は大寒です。

寒さもいよいよ底という感じでしょうか。

大寒にあわせたように、未明から雪になるそうです。

これで、東京でも35日間続いた乾燥注意報が、途切れるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 


てぶくろ

「てぶくろ」といえば、絵本好きの私は・・・
新美南吉のこぎつねが出てくる美しいお話や
ロシア民話の落ちていたてぶくろにどんどん動物たちが入っていくファンタジーを思いだすが

そんなかわいいお話ではない((+_+))

今朝娘がまた「あ〜〜〜〜!!!」と、さっちゃんロードをスプリンターのごとくダッシュしながら、しぶしぶ両手違う色で出ていった。

(さっちゃんロードというのは、うちにある廊下のこと。早朝娘はそこを何往復もダッシュするので、夫とそう名付けた)


・・・しぶしぶ両手違う色で出ていった・・・ように見えた。

(出掛ける時間はまだ日が出ていないので、暗闇の中うっすらそのように見えた。
娘は高校1年生、部活の朝練に出るため朝5時10分には家を出る。)


ところが、今朝洗濯するときに・・・やっぱり・・・それを確信した。
部活で使う上着、ウインドブレーカーのポケットから出てきたのは

右のポケットから2つのてぶくろ。
左のポケットからは1つのてぶくろ。
写真の通り・・・全部で3つ。

 
009 (3).jpg 
う〜〜〜ん・・・たしか今朝のてぶくろは、片手はピンクだった。

そして、反対の手は・・・スキー用のてぶくろになってた・・・(*_*)



 
 
 
 
 
以前、友達の子どもが3人兄弟で、洗濯物の山からたたもうと、友達が靴下を取りだしたら

すべてが片方づつで、それがずら〜りと並べ、どうしようと途方に暮れていた。

私は、なぜ?なぜ?ありえないよ〜!と大笑いしてたら

うちは手の方でやってしまった・・・。

あけまして おめでとうございます。

あけまして おめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

こちらは娘の手描き年賀です。


057.jpg

 

 

 

 

 
3日に・・・不思議な空を見ました。

132.jpg 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして部屋の窓から見える隣の林に、不思議な鳥が!!!ぴかぴか(新しい)
124.jpg
わかりにくいですが・・・
ちょうど真ん中あたり、木の幹にしがみついてる。

背中(羽)全体が「しましま」で(*_*)
ストライプのTシャツか、ちっちゃなセーター着てる感じ?わーい(嬉しい顔)

スズメよりも少し大きいくらいです。

ほんとに可愛らしくものすごくすばやい動きでするすると木の幹を登る???!

そして鋭いくちばしでトントントンというか、ツンツンツンという感じで幹をたたいてます!

きつつきなのぉ~???!

その動作たるや、ふつうの鳥とは、ちがう~~~!

あまりに不思議で、「きつつき小鳥しましま」という、なんとも変な文字でネット検索してみました。あせあせ

すると・・・出ました!出ました!ハート達(複数ハート)この季節の風物詩なのでしょうか?

野鳥を愛する人の写真が次々と!!!
http://redfox112.sakura.ne.jp/bird_small2.htm

「しましま」とか「きつつき」という言葉で紹介されてます。

やっぱり「キツツキ科」だったのです。目

お名前は「コゲラ」というそうです。

まさか自分の部屋の窓から、きつつきを眺められるとは思ってもいませんでした。
窓をケルヒャーで磨いたからでしょうか?(笑)

しかもある瞬間かなしばりにあったように、そのしましまくんが微動だにしません。

シャッターチャンス!と思い何枚も写真をとりましたがふつうのデジカメなのでなかなかうまくは撮れません。
ところが何枚も虹みたいな光が撮れて・・・
どうやらその光にしましまくんはウットリしていたようです?!

129.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんとはこのレインボーの光の輪っかの左下にちょうどしましまくんが木に幹につかまったまま、うっとりとたたずんでいるのを撮影したのですけどね。うれしい顔

しましまくんといいましたが、どうやら野鳥を愛する人たちの間では
この男の子には頭のてっぺんに赤い毛があるのを撮影するのがたまらないみたいですハート達(複数ハート)
ちいさいので滅多に撮れないそうです。

通常1羽か2羽でいるそうです。

私が見たのは、つがいだったので、ぜったいどちらかは男の子です。

でも頭のてっぺんの赤い毛なんて知る由もなし・・・。

あまりに可愛らしいストライプに、とっても感動したひとときでした。ぴかぴか(新しい)

この日の空もしましま!?

う~~~~むむむ・・・これはしましまの予言かも考えてる顔

しましまの予言???・・・う~~~む。

しましま模様の服を着て出掛けると吉兆かも。。。?

お気に入り

見てくださいハート達(複数ハート)これ、なぁ~んだexclamation & question

 

002.jpgキノコの置物みたいですよね~ハート達(複数ハート)なんともいえず、かわいい。

実は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カップです!   今朝はコーヒーを入れてみました。



007 (3).jpg

お友達の作品です。

工房を持っていて、ご主人は木を使って渋い漆塗り等やる方です。
ご夫婦で芸術家です。

子どもが3人いらして、そのうち真ん中の子がうちと同級生です。

作者は静かで穏やかで控えめで、いつも後ろの方でニコニコ微笑んでいる...そんなお母さんです。

このコップでゆうべは緑茶をいただきました。

なんだかすごくいいのです。ハート達(複数ハート)

丸みを帯びているところが・・・両手の平に包まれて、ちょうどいいのです。

ほっこりゆったりころんとしていてコップから両手があたたまってものすごい幸せが広がります。

実はこれはビール用サイズで作ったらしく
北海道まで展示に出掛けて入選した作品だそうです。

でも私はいつもお茶関係をたっぷり飲むのが好きなので
この大きさがちょうどいいです。

コーヒーカップ用にはこんなのもあり、実は割れてしまったので
また同じ物を買い足しました。

008 (3).jpg 

フォト<写真008>

毎日使うものだから、なんだかそのたびに幸せ気分になるのって、とってもいいですよね~ぴかぴか(新しい)

年末で忙しかったけれど、久しぶりに会いたいという友達に誘われてギャラリーに出掛けてみて良かったです。

欲しいと思っていたカップもちょうどあったし。

新しくほっこりキノコカップにも出逢えたし。

忙しい中にもほっとするひとときがあると、また顔晴れます!手(グー)


今日こそ!風呂掃除!窓ふき!そしてできたら年賀状まで!(笑)


スチームクリーナー大活躍

ジャパネットたかたの年末感謝セール4000円引きで、買っちゃいました~衝撃

ドイツ製ケルヒャー、スチームクリーナーをexclamation

現在の家に引っ越してきてからというもの、想像してたのは・・・



お掃除、たいへんたらーっ(汗)



そう!だからこんまり流お片づけにも必然的にはまり、極力余計なモノを減らして、スッキリ暮らしたい!思い。

こんまり流お片づけ祭りも
衣類⇒本類⇒書類・・・まできたので、次の小物類はあまりにいろいろあるので
とりあえず「お掃除」をやってみた~!




この家は実は・・・・


床が多すぎる。たらーっ(汗)


「床の間」があるのに、もと、生け花の先生のうちなのに、畳の部屋は一つもない!(フローリングに替えてしまっている)


それで廊下もあるし・・・掃除機かけてもなんだか手ごたえがいまいちで
すぐに「モップ」を購入しました。

まずは100円ショップのモップから始め、これでも十分であったが
次に少しふつうの値段のモップも買って大活躍。



だけど「スチームクリーナー」で換気扇やお風呂掃除や窓ふきも出来るし
もちろん、この家でほぼ全体を占める「床の汚れ掃除」ができるのなら
オンボロ掃除機買い替えようかと思っていたけど
それなら「スチームクリーナー」の方がいい、と思いました。




テレビショッピングは困ります。

アメリカ人のを見ていたら、単純な私は電話をして注文してしまいました。衝撃

アメリカ製のスチームクリーナーです。
年末掃除の主婦向けに、がんがんテレビ宣伝します。

「わぁ~お!ハート達(複数ハート)すばらしいわ~!ジャック~!ハート達(複数ハート)」などとおおげさに言われると
テレビ見てる私もつい「ほんとだわ、ジャック~・・・」などと思って注文しなければ人生惜しい気がしてしまうほど洗脳されます。(苦笑)


夫に即怒られ、1時間後にキャンセルの電話をしました。がまん顔結構高額だったし。




でも夫は「スチームクリーナー」を買うことには賛成だったみたいで
普段から夫は「ジャパネットたかた」はすごい!となぜかファンなので
ラジオで宣伝してる時、うちに電話をかけてきて「ジャパネットでやってるぞ!ハート達(複数ハート)」とわざわざ職場から自宅に電話して教えてくれました。

夫はアメリカ製に比べたら、ドイツ製なら日本同様「ものづくりの国・職人技ありの国」として評価しているのです。

しかも高額でなく、しかも感謝セール割引で、しかも年末掃除に間に合う。
(これこそ買わせる洗脳ですがあせあせ

ネットで評判を調べ、決断しました。

すぐ届きました。


それで昨日早速使ってみました~!


床掃除と換気扇掃除とレンジ回り、シンク桶等やってみた!


いい感じ~~~ぴかぴか(新しい)


私のやる気に火をつける・・・それだけでも十分じゃないでしょうか。うれしい顔

ところがこの収納の姿はどうよ?と笑っちゃいました。

ネット評判でも、ここだけは・・・という人が多かったのですが
「コードが日本式レールのように内蔵できない。収納に場所をとる。」というものです。

写真だとわかりにくいのですが
ふつうだと本体を立て置き出来ると思うのですが
横置きのまま、煙突みたいに備品を次々立てていくのです。これには笑いました。

日本人だったら、ぜったいこんなしまい方を考えつきませんよね。
もっとコンパクトになるように考えるけど・・・と。わーい(嬉しい顔)

009 (3).jpgズドーーーン!これでもせいいっぱいコンパクトになってるつもりのケルヒャーくん。
しかもなぜか写真撮影したら、まわりがスチームで曇ってる感じ?(笑)


このあと窓ふきや風呂掃除、がんばるぞーーーー!


こんまり流お片づけ ~ その後 ~

本を手に取ってから、なかなか始められなかった「こんまり流お片づけ」(なぜならかなりの気合いが要りそうだったから。)とうとう始めたときはブログに書きました。

著者のこんまりさん、こと、近藤麻理恵さん曰く
「片づけには順番がある」と言います。

「ときめくモノだけを残す」
「そのほかのモノは感謝をこめて、今までありがとうと言って抱きしめてあげて手放す。その方が、ほんとうにモノを大切にすることになる」

それで、なぜ順番かというと、その「ときめき」感度を磨くため。

たとえば、始めから「思い出品」から片づけようとすると、とても片づかない。
 
050.jpg順番の一番目は「衣類」。

これはできたので、今度は仕事着の衣類に手をかけた。
早朝から始めると、とくに効率が良い、と本に書いてあったので
朝日を浴びながら始めて・・・。

 
始める前に、拍手打ったり、深呼吸したりするのも「ときめき」感度をアップさせるらしい。
それは、この片づけ祭りを始めると、ほんとにそういうことが感覚として、わかるようになってきます。

一か所に集め・・・
 
051.jpgそこに集めた「モノたち」が呼吸してるように感じるのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
なかなか捨てられなかったモノにお礼を言って分別し(ちょっと少ないが、私にとってはこれでもかなりの勇気で分別できた。
新品のTシャツもある。全然ときめかないので何年も袋に入ったままなのだ。
やっと手放せる決断ができた!

053.jpg

 

 

 

 

 

 

 

こんまり流たたみかたで納めた。
ちょっと溢れている分は、まだ捨てられるものかもしれないのだが。 

 そして「衣類」の次・・・
2番目は「本類」!
実は本は引っ越しする時に大分処分できた(だがまだダンボールに入って部屋の片隅を陣取っているが、欲しい人にあげるか、ブックオフに持って行こうと思っている)

本類を一か所に集め・・・

056.jpg

058.jpgときめかない本や雑誌にお礼を言って、分別する。

058.jpg 057.jpg 059.jpg引っ越しの時に出来たと思っていたが、今もう一度見るとまだ出てくる。
良い傾向です。
ときめく本、読みたい本が浮き上がってくる感じ。
だけど、まだまだ手放せそうな気もしました。

「本類」の次の順番3番目は「書類」!!!
これが私にはいちばん強敵でしたげっそり

なにが私の周りでいちばん片づかないか・・・って、「書類」!

こんまりさん曰く「書類は全捨て」だそうですげっそり

「書類」を一か所に集めて・・・
063.jpgこれはもうすごかったたらーっ(汗)

封筒などにまとめてしまっているものはいちばんNGらしい。
私の場合、そんなのだらけです。
すべて、ひとつひとつ1枚1枚手にとって、捨てるかときめくか、手で触って感じるらしい。
(これは衣類も本類もすべて同じ。棚に置いたまま、というのではリバウンドしてしまうらしい。)

この「書類」は私の難関でした。
でもすごくがんばった。

070.jpg

これが捨てる方。(やっぱり少ない。全捨て出来ない)

 

 

 

 

 

これが残す方。ときめいている・・・かどうか、一応、ときめいている、と思っている書類たち。
左の二箱は、すぐにでも処分仕分けしなければならない書類たち。

074.jpg

 

 

 

 

 

 

 

「すぐに処理」以外の「しばらくとっておく書類」は一か所の定位置(すべてパソコンラック)に場所を決めて集結させました。

山のようにとってあったレシートはすべて処分しました。

納品書や期限切れの保証書も必要ないから全処分。

昔の通帳も「要りません!」とこんまりさんが断言していたので、処分。

ものすごく気持ちがスッキリしました。

今日は「すぐに処理」の書類から、かなりの量の、未処理書類を手掛けました。

生協の退会届やら、保険料の申請やら、なにかのアンケートの提出やら、やらなきゃいけなくてのばしのばしにしていたことを次々処理でき、ポストに出し、ついでに返却すべき図書館の本も返却しました。

これは「書類」の片づけができたことで、達成できたこと。

ものすごい達成感と、気分の良さが残ります。

そして引っ越してきてから、衣類を2か所に場所を分けて収納していたのだが
こんまりさん曰く「モノ別、それは分散しないで一か所に置くこと」というのがあります。

それに「吊るす」収納は極力避けた方が収納場所はダントツに広がるらしい。

この家に越してきてからは納戸とクローゼットが充実していて
私はすべての衣類をほとんど「吊るす」ことにしていた。
洗濯したらたたまなくてよい、次々ひっかけてゆくだけ、としていた。
そして、「ハンガー」が足りない・・・買い足そうかな~なんて思っていたところなのです。
そうしなくて、ほんとうに良かった!

こんまりさんの本を読んで改めました。
衣類の収納場所を一か所にし(これはやっぱりとても大切なポイント)
納戸に固定されていた棚さえも分解して、この家に越してきてから入る場所がなく捨てなくてはならないかなーがく~(落胆した顔)と迷っていたタンスを入れこんだ。
固定されていた納戸の棚は、台所に移動して、散らかりがちなモノや生協から届いた野菜の一時置き場になった。

納戸での衣類は、俄然収納力が増えてぴかぴか(新しい)使い勝手がすごく良くなった。

086.jpg

 

 

 

 

 

 

 

たたんで収納する楽しさがあり、引き出しがスカスカに空いちゃった!

089.jpg

 

 

 

 

 

 

 

しかも季節品は引き出しの奥に入れる、という方式で
どこか別の場所に夏の服をダンボール等に入れているわけではない。
(こんまりさん曰くダンボールはNG。モノをしまいこんで使わなくなるという)

こんまりさんハート達(複数ハート)すごい!

私・・・超がんばってる!ぴかぴか(新しい)
なぜだかものすごい達成感と充実感と幸せ感いっぱい です!

 

 



 

 

 

 

 

 

 


<<前のページへ12345678910

アーカイブ

このページのトップへ