HOME > 症例別ゆがみ診断 > 腰痛 (概論)

症例別ゆがみ診断

< 首痛  |  一覧へ戻る  |  四十肩・五十肩 >

腰痛 (概論)

一概に腰痛といっても、単なる腰痛から「ギックリ腰」、 「腰椎椎間板ヘルニア」、 「脊椎分離症」、 「腰椎すべり症」、 「脊椎間狭窄症」、 「腰椎圧迫骨折」  etc ・・・ 。

腰痛の診断名を数え上げたらきりがありません。

しかし、実際は腰痛という症状のうち診断名がつくのは約15%、あとの85%は、痛みがどこからくるのか分からない非特異的腰痛なのだそうです。

そして、多くの方が、「整形外科を受診したが原因が分からず湿布をもらっただけ」 「あっちこっちの病院、接骨院をまわったけれど痛みは変わらない」と言って、しんそう療方の施術を受けに来られます。

腰痛に限らず私たちは痛みがあるとき、からだが本来の形でなくなっています。

腰痛の方に多いからだの特長としては

 足を組む

 スカートの中心がどちらかに回ってしまう

 足の長さが違う

 靴底の減り方に左右差がある

 上半身が左右どちらかに傾く

こうした特長はからだの重心が、左右どちらかにずれているからです。                  

何故こんな形になってしまったのか?それを、明らかにするのが、しんそう療方の検査法です。

痛みがある時、体の形がおかしい時、手足を動かしてみると、そこには必ず左右差があります。 

これが痛みの原因なのです。しんそう療方では、この手足の左右差をなくしていきます。

体の形をなおすと、痛みは自然に消えていきます。            

 

 


< 首痛  |  一覧へ戻る  |  四十肩・五十肩 >

このページのトップへ