HOME > 症例別ゆがみ診断 > 四十肩・五十肩

症例別ゆがみ診断

< 腰痛 (概論)  |  一覧へ戻る

四十肩・五十肩

以前は四十肩ということが多かったようですが・・・、

最近では、症状の発生と年齢が合致せず、五十肩というのが一般的です。

さらに高齢化にともない、60代や70代で同様の症状を訴えるケースも増えています。

正式には「肩関節周囲炎」といいます。

さらに細かくみていきますと、

肩関節に石灰が沈着する「石灰沈着性健板炎」は、肩がズキズキうずき、痛くて夜も寝られないというのが特徴です。

また「上腕二頭筋長頭健炎」は腕が上がらない、腕が後ろに回らないというのが特徴です。

では、五十肩の原因はなんでしょう。

五十肩とは、肩関節周囲の軟部組織における加齢に伴う不可逆的退行性変性です。

なんだか難しい表現ですが、年をとるのが原因で、不可逆的とはほっといても治るよということです。

とは言っても、当院へ来られる方の多くが、痛くて眠れない、腕が挙がらないので、顔が洗えない、髪の毛がとかせない、洗濯物が干せない等々

日常生活で大変な苦労を経験しています。

急性のケースが少なく、治るのにも時間がかかるというのも特徴です。

ほっといても自然に治るといっても、1年以上症状に悩まされるのではたまりません。

しんそう療方では痛い部分に直接触れることなく、施術をする事が可能です。

右肩が痛ければ左手から、さらに上体に痛みがあるのだから、まず足から調整するという考え方がしんそう療方では当たり前なのです。

しんそう療方で手足の左右差をそろえることで、からだ全体のゆがみがとれると、肩関節に関係する筋肉も左右差がなくなり、血液循環や神経も正常に働いてきます。そうなると、自然と肩の痛みを感じにくくなっていきます。

五十肩では、急に痛みが出るケースは少なく、以前から腕が挙げにくかったり、痛みや違和感を感じているケースが多いようです。さらに、慢性の肩こりに悩んでいた方も多いようです。

全ての方が、年を取ったからといって、五十肩を経験するわけでありません。

普段から、手足の左右差をそろえることでバランスをとり、しんそう療方を究極の転ばぬ先の杖(予防医学)としてお役立てください。

 

 

 

 

 


< 腰痛 (概論)  |  一覧へ戻る

このページのトップへ